三浦春馬のメモの内容は死にたい。日記に残した遺言とは何か調査!

三浦春馬のメモの内容は死にたい。日記に残した遺言とは何か調査!

7月18日に俳優の三浦春馬さんが亡くなられた報道がありました。

その後三浦春馬さんが自殺をしたと報道されていますが、自殺んも理由に関しては様々な憶測がネット上で飛び交っています。

そして最新の情報では日記に遺書のようなメモを残していて、そこには「死にたい」の一言が残されていたようです。

さてその日記に残された遺言の意味とはいったいなんなのか。

徹底調査いたしました!

それでは「三浦春馬のメモの内容は死にたい。日記に残した遺言とは何か調査!」をご覧ください。

スポンサーリンク

三浦春馬自殺のニュース

最新のニュースでは三浦春馬は遺書のようなメモを残していて、内容は死にたいと書いてあったと報道されています。

18日に自殺したとみられる、俳優の三浦春馬さん(30)の自宅マンションから見つかった手帳に、「死にたい」などと書かれていたことがわかった。

俳優の三浦春馬さんは18日、東京・港区の自宅マンションのクローゼットの中で、首をつった状態で見つかり、自殺とみられている。

取材によると、室内から見つかった手帳には、「死にたい」などと書かれていたという。 三浦さんは18日、仕事の予定だったが連絡が取れず、マネジャーが自宅を訪れた際、玄関の鍵は閉まっていたという。 警視庁は、三浦さんが死亡した経緯などを慎重に調べている。

引用:Yahoo ニュース

以上のように悲しい出来事ではありますが、その死の真相を知りたいファンも多いはずです。

今回は見つかった手帳の中に死にたいと言う文字があったそうですが、そのことも含め他にはどんなことが書かれていたのでしょうか?

様々な傾向から予測をしましたのでご覧ください。

三浦春馬のメモの内容は死にたい。

三浦春馬の自殺した室内からは、遺書のようなメモが発見されていて、その内容では「死にたい」と書かれていたことがはっきりとしています。

この内容や、過去のSNS上での三浦春馬の言動から他にはどんなことが書かれていたのか予測をしたいと思います。

まずはこちらのツイートから

今現在様々なメディアで取り上げられている意味深ツイートですが、 こちらのツイートのタイミングとしては、東出昌大さんの不祥事のタイミングでツイートした内容となります。

当時のツイートの反応として一部を抜粋します。

このように否定を叩きつけるアカウントが多く見受けられました。

誹謗中傷とはまた違ったような反論意見が多く投稿されていたので、誹謗中傷の件に関して日記に残す可能性は少ないのではないかと感じました。

まだまだ予測はつきませんが、続報が発表されるまで、日記の内容に関しては待ちましょう。

それでは、三浦春馬の日記に残した遺言が他にもあるか調査結果を報告します。

 

日記に残した遺言とは一体なんなのか?

今現在はっきりしているのは、三浦春馬の遺体発見時にあった日記の中から遺書のようなメモがあったことや「死にたい」と言うメッセージが残されたことのみがはっきりとしています。

このようなマイナスの言葉が書かれていると言うことは、他にも誹謗中傷に関する内容を可能性は低いですが、書いているかもしれませんし、数日間の間に起きた出来事を書いているのかもしれませんね。

今後続報が流れ次第公開していきます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は三浦春馬の遺書のようなメモの内容が「死にたい」だったこと。

そして、三浦春馬発見時にあったとされる、日記に記された遺言の内容について徹底調査しました。

結果は

  • 書かれているのは「死にたい」意外にもある
  • 予測としては溜まっていたストレスを吐き出した

この2点だと感じています。

以上「三浦春馬のメモの内容は死にたい。日記に残した遺言とは何か調査!」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です